キートスガーデンの教育は新学習要領に対応しています

6月3日土曜日、岐阜県幼稚園教育研究協議会が羽島で行なわれました。

その場で平成30年度(来年度)から施行される幼稚園教育要領について説明がありましたが、新要領では、遊びの重要性がより鮮明になっていて、キートスガーデンが進めてきたLeikki(フィンランド語で「遊び」)中心の教育・保育法の考え方と重なる部分が多くなりました。

新しい教育要領には、以下のように書かれています。

「幼児の自発的な活動としての遊びを生み出すために必要な環境を整え,一人一 人の資質・能力を育んでいくことは,教職員をはじめとする幼稚園関係者はもと より,家庭や地域の人々も含め,様々な立場から幼児や幼稚園に関わる全ての大 人に期待される役割である。」

また、新要領では「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」として、以下を挙げていますが、キートスガーデンの活動はおおむねこのように対応しています。

  1. 健康な心と体→空手、バルシューレ等
  2. 自立心→縦割り・横割りによる遊び・生活、着替え、食事準備・片付け等日常的な活動等
  3. 協同性→縦割り・横割りによる遊び・生活、行事に向けての特別活動
  4. 道徳性・規範意識の芽生え→あいさつ、朝・帰りの会、そうじ、集団行動等
  5. 社会生活との関り→社会見学、小中学校
  6. 思考力の芽生え→普段からの遊び、自然観察、製作活動、プレスクール等
  7. 自然との関り、生命尊重→普段からの遊び等
  8. 数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚→様々な作品、プレスクール等
  9. 言葉による伝え合い→読み聞かせ、コミュニケーション教育、英語等
  10. 豊かな感性と表現→絵画活動、音楽活動、食育等

 

キートスガーデンでは、これからも幅広く子どもたちに、日本の良い保育教育を残しつつ、フィンランドのエッセンスを取り入れていきたいと思います。

(写真は園庭で実り始めたビワ)

 

コメントはまだありません

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

クッカリンナ開催

2月16日、生活文化発表会Kiitos Kukkalinnaを開催しました。第一部チャレンジコーナーでは、跳び箱や大縄跳びなど、冬の間に子どもたちがチャレンジしてきたことを保護者様と一緒に楽しみました...

続きを読む

クッカリンナのリハーサル

生活文化発表会KukkaLinnaのリハーサルが進んでいます。どの年児も楽しく新たな取り組みをしていますのでどうぞお楽しみに。各年児ともキートスオリジナルの英語の曲を披露するほか、年長児さんはQuee...

続きを読む

クッカリンナに向けて

2月16日(土)のキートス・クッカリンナ(生活発表会)に向けて、準備を進めています。最年少の子たちも今回から舞台に登場します。...

続きを読む

創立10周年記念セレモニー&パーティを行ないました

1月26日(土)、大垣フォーラムホテルにてキートスガーデン創立10周年記念セレモニー&パーティを開催しました。 卒園児、在園児、保護者の方々及び来賓、教職員で総勢400人近くが一堂に会した大きなパーテ...

続きを読む

イノシシならぬ…

年明け早々園庭を見てビックリ!園庭がところどころ盛り上がっています。どうやらモグラの仕業。イノシシよりずいぶんちっちゃなお客さんですが、相当いたずら好きのよう……。...

続きを読む

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。写真はエントランスのディスプレイ。登園日には皆さん元気な姿で会いましょう。...

続きを読む

よいお年をお迎えください

いつも子どもたちが元気に遊んでいる園庭が真っ白になりました。 今年も皆様に大変お世話になりました。ありがとうございます。 どうぞよいお年をお迎えください。...

続きを読む

10周年記念のお知らせ(02)

当日の「おいしいものを楽しもう」では、ユフラでのスープを再現したものや、フィンランドのライスパイ「カレリアン・ピーラッカ」などをお出しする予定です。 またカプラコーナーでは、なつかしいカプラ遊びを楽し...

続きを読む

キートスガーデン創立10周年記念セレモニー&ミーティングのお知らせ(01)

保護者様 キートスガーデン創立10周年記念セレモニー&ミーティング キートスガーデンは2019年2月を以て創立10周年を迎えます。卒園児や在園児の皆様の近況を伺いつつ、園の思い出やこれからのお子様の育...

続きを読む

終業式

今日は終業式。2学期には収穫感謝祭のKiitos JuhlaやキャンドルナイトのKiitos Nightなど、楽しい行事がたくさんありました。 園長先生のお話で振り返った後、副園長先生の挨拶、律子先生...

続きを読む