教育方針

北欧・フィンランドの幼児保育・教育3つのポイント

すぐれた幼児保育教育や高福祉環境で知られる北欧・フィンランド。

キートスガーデンでは、日本の伝統的な保育教育に、北欧の考えや手法をおおいに取り入れながら、日々の園活動を行なっていますが、

「フィンランドの幼児保育教育ってどういうもの?」とのお尋ねにお答えするポイントを3つ、ご紹介いたします。

 

①柔軟性:フィンランドでは、特定の宗教や理論などをもとに幼児保育教育を行なうのではなく、現場の柔軟な独創性を大切にしています。

東西諸国にはさまれながら、建国を果たし、男女平等で自由な社会を目指すフィンランド。

ヨーロッパ各国、特にドイツ、イタリア、オーストリアなどの教育法をベースにしつつ、隣国スウェーデン、ロシア、アメリカ合衆国などの

特徴ある考え方や方法を、フィンランド流にアレンジし、活動をしています。

「よいものをどんどん取り入れ、子どもたちの健やかな育ちを目指す」、時代や環境、社会にあわせつつ自立した子どもを育てる優れた柔軟性、編集能力が

フィンランド保育教育です。

 

②自然との関わり:森と湖の国と呼ばれるフィンランドは、自然と人の社会とが近い国です。

自然を愛し、尊重し、人が自然の中の一員であることを常に考えながら仲間ともに生きることを教えるのがフィンランド流です。

 

③遊び:「人生で必要なことは、小さい時にすべて砂場で学ぶことばかり」との表現があります。

遊びを通じて、子どもたちが心を解放し、すくすくと育ち、興味あることにどんどんと取り組んでいく保育教育をしています。

 

キートスガーデンでは、これらの特徴のある北欧・フィンランド保育教育をベースに、

皆様のお子様が大切な幼児期を過ごせるよう環境づくりに励んでいます。

キートス・ガーデンにおける早期こども教育3つの重点

  1. 健やかな心と体づくり
  2. 仲間と共に生活する心配りと礼儀
  3. 自立へのステップ

をこどもが目指していけるよう、指導と環境を充実させていきます。

監修

キートスガーデンの教育指導・環境推進にあたっては、以下の方々に監修をいただきながら独自性と柔軟性を重視した活動をしています(敬称略)。

総合監修 ハンネレ・カリコスキ(フィンランド国立オウル大学教育学博士)
オウル大学ページ(外部リンク・フィンランド語&英語)
コミュニケーション教育 鈴木佑治(立命館大学生命情報学部教授・慶應義塾大学名誉教授)
英語専用ページ
食育 山澤和子(東海学院大学健康福祉学部教授)
食育専用ページ
体育 バルシューレ … 高橋正紀(岐阜経済大学経営学部スポーツ経営学科教授)
バルシューレ専用ページ
空手 … 浅井絵美(日本空手道東真会指導員)
空手専用ページ
自然体験 こどもの森幼稚園(長野県)にてスタッフ研修

教育内容

  • 自然環境を敬愛し、探求する心を育む(園庭探検など)
  • 歴史・社会に興味をもち、集団を大切にしながらも自らの歩む道を考え、決定できる力を育む
  • 生活の中の美や芸術を愛で、自らも表現の手段とできる感性を育む
  • 人としての道徳心、周りへの感謝の心、マナーを大切にする心を育む
  • 論理的思考とコミュニケーションの手段である言語に親しむ
  • 数とその論理に親しむ(数遊びなど)

(重点および内容は、日本の幼稚園学習要領にフィンランドの早期こども教育保育ガイドラインのエッセンスを織り交ぜたものとしています)

特徴ある教育

思いっきり遊ぶ中で、コミュニケーション(言語、表現、尊敬の心)などを学びます。

またLEIKKI(フィンランド語で遊びの意味)の中で、以下を推進していきます。

  • 挑戦してみよう
  • 動いてみよう
  • 表してみよう
  • 感じてみよう
  • 育ててみよう(飼育・栽培)

スタッフは

  • 一緒に遊ぼう
  • 見守っていこう

を目指します。

園児構成

3歳児 35名
4歳児 35名
5歳児 35名

を定員し、縦割教育・保育を実施します。