多様な仲間がなかよく集える世の中に

年末、心の痛む災害や事件が発生しております。被害にあわれた方々にお悔やみ、お見舞いを申し上げます。 さて、2016年春に出たものを今頃になっての紹介してはと思ったのですが、冬のお休みを過ごされる傍らに...

続きを読む

フィンランドの魅力

連休に入った土曜日の夕刻、書店でフィンランドについての本で、3ヶ月程前に出たものを見つけましたので手に入れました。 新進気鋭の社会学者 古市憲寿さんと、フィンランド生まれの学者 トゥーッカ・トイボネン...

続きを読む

南清貴さんの新刊です

南清貴さんの新刊「じつは危ない野菜」を読みました。 流通している野菜の生産事情などとても興味深い内容です。 巻末には各種レシピも紹介してあり、おすすめの一冊です。...

続きを読む

本を増やしました

ジャーナリスト後藤健二さんの著書2冊を入手しました。 早速読みましたが、常に子どもの幸せを願う視点で取材・報道をされてきた後藤さんの姿勢に感銘を受けます。 キートスガーデンの蔵書コーナーにあります。 ...

続きを読む

本をプレゼントしていただきました

地域の方から、本をプレゼントしていただきました。 偕成社の「世界のともだち4 フィンランド 雪と森の国のカオリ」です。 「フィンランドの本だから、キートスガーデンにプレゼントしようと思って」と、その方...

続きを読む

「オッリペッカ・ヘイノネン『学力世界一』がもたらすもの」

三冊目は「オッリペッカ・ヘイノネン『学力世界一』がもたらすもの」。若くしてフィンランドの教育大臣になった同氏が行なった大改革についてわかりやすく紹介されています。 試読ご希望の保護者の方々は園までお尋...

続きを読む

「フィンランドはもう『学力』の先を行っている」

二冊目は「フィンランドはもう『学力』の先を行っている」。日本では「小学校楽しい!」といって入学した4月から、夏休み前にはもう「勉強たいへん!」にかわってしまうケースも少なくないようで非常に残念なのです...

続きを読む

「キッズスキル入門」

読書の秋に向けていくつか本をご紹介します。ひとつ目は「フィンランド式キッズスキル入門」。「どうして子育てがうまくいかないの!」というおうちの方の肩の力がスーッと抜けそうな方法が紹介されています。試読ご...

続きを読む

米国小学校で使用の参考書を入手しました

米国の小学校で使われている参考書「米国史」「英語(国語)」「地理」「数学」「科学」「世界史」を入手しました。中・高学年用ですが、ご興味ある保護者の方々は園のエントランスにてご覧下さい。...

続きを読む

カレワラ物語

フィンランドの民族叙事詩「カレワラ」を、より読みやすく物語風にした「カレワラ物語」が岩波少年文庫から出ています。 試読ご希望の保護者の方々は園までお申し出下さい。...

続きを読む